--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/25 Mon  05:45
XB、2話本編開始。



色々とやってたら、結局1ヶ月以上掛かってしまいました。
しかしまぁ、無事に投稿できたので良しとします。

戦闘部分をだいぶ改善できたと思うので、
その辺見比べていただけると嬉しいですねー。
スポンサーサイト

2012/02/07 Tue  04:22
突発オンセ参加

先日「ビーストバインドトリニティ(以後BBT)」のルールブックを
ようやく手に入れることに成功しました。

ビーストバインド・トリニティ公式サイト
BBTについての詳細は上記リンクからどうぞ。

システムの雰囲気はかなりデモンパラサイト(以後DP)や
パラサイトブラッド(以後PB)に近い感じでしょうか。
ただ、キャラクターメイキングの幅が非常に広い。

んで、通販で購入したわけですが、購入した当日にBBTの
突発オンセが開催されることになり、ルールの把握も
まともに出来ないまま参加することと相成りました。


後日、参加したときの記事を書くかもしれません。

それではまた。

2011/07/04 Mon  21:28
ロマンシング東方(2)

そんなわけでロマンシング東方の続報。

レミリアおぜうでとりあえずクリアしました。

んで、原作ロマサガ3って、ラストの真・四魔貴族って倒しとくと
ラスボスが弱くなるんでしたよね?
こっちだと、倒すとラスボス強くなるって調べてから知ったんで
えらいことになって大変でした。

ていうか、四魔貴族自体も強化が半端ないですね。
覚醒するまでにこちらのPTがガス欠起こすレベルでタフだし。

ほぼラスト前のデータ


実際にはラストのアビスゲートで輝夜が強引にPTに入るため
ムラサを置いていったので、彼女は留守番。
結局最後にPTに入った諏訪子様が、凄まじい活躍をしてくれて
回復も攻撃もほぼ完璧にこなしてくれました。
エリクサー強い。

んで、2周目開始したのですが、現在のPTはこんな感じ。

現在のPT


アリスで開始して、シノン出してから主人公を天子に変更。
萃香がPTに居るのは、現在氷湖の攻略中だから。
別にメインメンバーというわけではありません。

しかし小傘さん、敵の時はアホみたいに強かったのに
仲間に入れたら大剣技2つの、術は一切覚えてないって言う有様。
あんだけ強力な術と技使ってたくせに、どこに置いてきたのか。
いや、まぁ、可愛いから許しますけどね。
何気に大剣キャラは若干他に比べて少ないし貴重かもしれない。

今度記事書くときは戦闘画面とかも入れるべきかなー。
そんなわけで近況報告はこんなところです。

では、また後日。

2011/06/21 Tue  01:36
迷宮キングダム・ランダムダンジョン(7)

1日空けてこんにちは。というか、こんばんは。

日曜は基本的に更新せずに好きな事やるってのが多いのです。
まぁ、別に以前のように毎日更新するつもりも無いので
最近の更新率が特殊だっただけなのかもしれませんが。

とりあえず、まよキンセッションの感想の続きですが、
次のセッションが行われるまで今日で恐らく一旦終了となります。
参加メンバーの予定がうまく噛み合う日が少なくて続きがまだ
プレイできてないのです。

では、続きを。

■■■■■■■
→□→□■
■↑     ↓■
■☒  □  □■
■  ↖     ■
■□  ☒  □■
■■■入■■■


赤い部分が今回突入する部屋です。
とりあえず、この部屋トラップが5つ存在しており、初っ端の入り口
レベルに厄介なのは言うまでもなく、さらに死霊系のモンスターとの
戦闘も発生することになっています。

数あるモンスターの中でも死霊系はいやらしい能力を持っている者が
多く、正攻法で戦うと厄介な敵が多く存在します。
(※私個人の感想ですが)

言ってませんでしたが、敵の種別はダンジョン作成時に決まってるの
ですが、その内容は部屋に入ってから決定することになります。
まぁ、なんていうか、このセッション始まってからというもの
GMのダイス目が異常に良いため、われわれは苦労させられて
いるのですが、ここも例外ではありませんでした

キラーマスク3塚人2不死鳥1

不死鳥1て。

プレイしてない方には何がなんだか判らないと思いますが
ぶっちゃけると、レベル16の死霊系モンスター。
PLは当然騒然としましたが、さすがにこれは不味いとGMも
思ったのか、逃走して1回休憩する間に敵は居なくなってる
という扱いでも良いよ、という話になっていたのですが。

うちのPTの騎士さんがこんなことを言い出しました。
「《不滅の炎》封印してくれれば、勝てる可能性あるかも」と。

※《不滅の炎》:不死鳥の固有スキル。誰かがHP0になるような
 ダメージを受けたときに割り込みで使用可能。
 そのダメージが、ちょうど0になるようなダメージではない場合
 指定した対象のHPを全快させる。

具体的には、騎士と忍者が前に出て相手に攻撃させる前に、HPを
削りきって勝利するという作戦でした。

ちなみにその過程で
本人の気力と民の声全部使い切る
という前提の下で。

ちなみに私も命乞いでがんがん気力稼いで、パスしまくりつつ
国王の先制判定で成功率を高めるために協調行動を取るというのが
実際戦う場合のお仕事内容。

とりあえずPT内で相談をして、戦うかどうかを決めようと
していると、GMからさらに提案があり
「これ倒せたらデバイスファクトリーのアイテムも1つ付けるよ」
とのこと。

あたしは言うまでもなく素人の上に追加データに関しては無知と
いって良い状態ですので、この時はその意味が良く判らなかった
のですが、あとで話を聞いたところ、いわゆる特殊な効果が
いくつか付与された特殊な合成アイテムで、いわゆるレア物らしい。

まぁ、私にはその価値は良く判らないんですが、それを聞いて
PTの皆さんもやる気になったようでして。
私のほうも、何の策もない神風特攻なら止めもするのですが
少なくとも、勝つまでの戦略や手順はある程度固まって
いるようだったので、たまにはこういう賭けも良いかと思い
皆さんの意見に賛成票を投じる事となりました。

実際に戦闘を開始して、最初のターンは綱渡り気味では
ありましたが、割と美味く行き、不死鳥以外の雑魚はあっさり
仕留める事が出来ました。
一応最初に騎士さんが提案したとおり《不滅の炎》はきっちり
封印されてる扱いなので発動もしなかったのです。

…が、まぁ、早々うまく行くはずもなく。
不死鳥のターンの攻撃でもGMのダイスが走り、範囲攻撃で
前に出ていた忍者さんと騎士さんが即死
正確には死亡ではなく、気絶というか戦闘不能扱いなのですが
戦闘不能に陥った場合、「致命傷表」というものを振らされ
出目が悪いとその時点で死亡が決定してしまいます。
その時は何とか2人ともただの戦闘不能で済みましたが
出目の内容的に、2人の出目が逆だったら死亡してた可能性が
あるという、かなりぎりぎりな状態でした。

その後も、気力の分配などが1点ずつなので、神官さんが
HPを回復し復活させてもそのターンでまた戦闘不能にされる
という感じのやり取りが何度か続くものの、最終的になんとか
不死鳥を倒すことに成功しました。

ドロップアイテムは大した事はなかったのですが、
先に言われていたデバイスファクトリーのアイテムの出目が良く
かなり良いアイテムが作れたようでした。

しかし、とりあえず不死鳥は倒せたものの、まだ戦闘が行われる
部屋が2部屋も残っているため、民の声が尽きている現在の状況で
どうやって乗り切るのか。
非常に厳しいといわざるを得ません。
私の手元には戦闘中に稼いだ気力が2~3点残っていたはずなので
それを分配するにしても、少々戦闘に不安が残ります。

とりあえず、セッションそのものはここまでで、続きはまだ
プレイしてないため更新はここで一旦停止となります。

また次のセッション後に、この後の展開を書くと思いますので
その時はまたお付き合いくださいませ。
ここ1週間ほど、お付き合いいただいた方々、お疲れ様でした。
ではまた次の機会に。

2011/06/18 Sat  21:16
迷宮キングダム・ランダムダンジョン(6)

はーい、6回目ですよー。
良い加減、なんか他の記事挟まないと途中で書くの飽きs(ry

そういえば、マップ公開してなかった気がする。

■■■■■■■
■□→□→□■
■↑     ↓■
■□  □  □■
■  ↖     ■
■□  ☒  □■
■■■入■■■


こんな感じのマップになっております。
迷宮キングダムのマップというのは、基本的に1フロアが、
こんな感じの9部屋構成になっており、途中に道を設定することで
行ける部屋と行けない部屋を分けたりするわけです。
この設定は通常、GM側がシナリオを作成する際、迷宮の構成も
配置設定ルールなどに則って作成するのが通常です。

「入」というマークがダンジョンの入り口。
前回の記事で、私がランダムエンカウント引き起こしたのが
☒というマークの部屋ですね。
矢印が道の繋がりと、進んでいく方向です。
今から行くのが、左側真ん中の部屋ということになるわけですな。

次の部屋は戦闘が確定している部屋で、ある意味本番です。

とはいっても、実はこの戦闘時、私はリアルの用事で買い物に出て
キャラの行動を代理で他の人にお願いしていた
ので、当然ながら
内容は殆ど知りません。
出てきた敵は異形系「蚊の王」が出てきてたので、かなりうざい
戦闘になっていたようです。

回避が非常に高いため、攻撃が思うように当たらないのです。
その割に攻撃力が低いので、戦闘が終わらないという。
買い物要ってた時間は1時間半くらいでしたが、
帰ってきた時にまだ戦闘が継続していました。

GM側が、こちらに被害を大して与えられないという理由で、その
戦闘は相手の降伏という形で終了し、2回目の休憩タイム。

ここで色々起こったわけですが…。
まずは国王のイベント。

嫌いなものに追い掛け回される夢を見て、指定した仲間に
起こしてもらうことで、その仲間に対する感情が上がる
という物。
迷宮キングダムに限らず、冒険企画局製のゲームでこういう
イベントが振られた場合、イベントの中心人物がシチュエーションや
内容をロールプレイ(以後RP)するのが通例となっています。

今回あのマヨネーズが設定したのは、こともあろうに
巨大な注射器を持った、女性だった頃の
アサガオに追い掛け回される

とか設定しやがりました。

ちなみに、好きなものや嫌いなものもキャラ作成時にランダムで
設定されるのですが、国王の嫌いなものは「クスリ」「異性」
異性は私のキャラで、クスリを注射器で表現したそうです。

良い度胸だ

しかも、悪夢に魘される時にマヨネーズを撒き散らすという
RPをして、他のメンバーに蹴られたり、私のキャラは掃除に
回るなど、かなりカオスなイベントとなりました。

もう一つカオスなイベントがありました。
迷宮キングダムではある意味有名なイベントですが
ランダムで選んだ仲間に、着替えを覗かれ
愛情の感情が上昇する
というものです。
なんで覗かれて愛情上がるんだよ、というのが有名な所以ですが
今回カオスなイベントとなったのは、そのイベントの主役となった
キャラクターのせいです。

覗かれたのが神官(アヒル)で、さらに覗いた側は
一瞬覗いただけで性別を看破してしまったって言うこの状況。
殆どひよこの性別鑑定士の域である。

宗教上の理由で性別がばれるのは宜しくないという設定のため
半分脅しのような口止めをしているアヒルが印象的でした(ぉぃ


それでは、今回も長くなったのでここまで。
また後日お会いしましょう。


        HOME         ≫ Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。